あなたの前に“いい人”が現れないのはどうしてか?

しおり
こんにちは。昨年世界一周してきましたしおりです。今回は「あなたの前に“いい人”が現れないのはどうしてか?」です。

あなたの前に“いい人”が現れないのはどうしてか?

 

私の友達に、見た目も性格も悪くないのに、何年も彼氏ができない子がいるんです。

 

出会いがないわけでもなく、人に紹介してもらったり、人に勧められて結婚相談所(とは知らずに)登録したりもしている(笑)、のに。

 

いつ会っても、

友達
まだ(彼氏)できないのー。いい人いなくて(泣)

 

と言ってるんです。

 

そこで「なぜ彼氏ができないんだろう?」と考えてみました。

 

“いい人”に出会えないのは、自分が“いい人”じゃないから

要するに、理想が高いってこと。

友達
理想は高くないよ。イケメンじゃなくてもいいし、年収も高くなくていい。

 

という反論が飛んできそうだけど、本当は、自分が理想が高いことに気づいていないだけなんです。

 

 

そもそも、“いい人”とはどんな人かを考えてみて欲しい。

 

きっと、“人間的にキラキラしている人”のことを指すんじゃないかな?

 

言い換えれば、

  • 人生にワクワクしている人
  • 自立している(どんな仕事でもやっていける、仕事を辞める決断ができる)人
  • 周囲に流されないで、自分を貫ける人

などがそれに当たる。

 

反対に、“いい人”じゃない人の特徴は、

  • 人生にワクワクしていない
  • 自立していない(他の仕事はできる自信がない、仕事を辞める決断ができない)
  • 周囲に流されて生きている

ということになる。

(ちなみにどれも友達に当てはまる)

 

世の中の人を4つの分類に分けて考えてみる

“いい人かどうか”を判断する指標は2つ、「外見力」と「人間力」。

 

人間力とは、さっき説明したような“人間的にキラキラしているかどうか”。

外見力とは、ルックス、職種、年収、年齢、身長、趣味など、プロフィールによく上がってくる内容が指標となります。

 

これを表にして、4つのタイプに分類してみました。

 外見力 \ 人間力  低い  高い
 低い  A  B
 高い  C  D

 

外見力も人間力も高い「D」がモテるのは、誰からみても明らか。

どちらも低い「A」がモテないのも明らか(笑)

 

外見力が低く人間力が高い「B」の人は、一見モテなさそうに見えるが、将来性があるのでモテる。

外見力が高いけど人間力が低い「C」の人は、“いい人そう”に見えるけど、恋人がいそうでいない、もしくは、いても長続きしないタイプが多い。

 

まずは自分が“いい人”になる

もし自分が、外見力が高いけど人間力が低い「C」のタイプだとしたら、自分の周りに寄ってくる人は、同じCタイプの人。

 

おそらく、「理想は高くない」という私の友達は「C」タイプ。

でも、理想としているのは“外見力が低くても人間力が高い”「B」のタイプ。

 

「類は友を呼ぶ」っていうよね。

タイプの違う人間はなかなか出会えないし、出会ったとしても、一方通行な恋になりやすい。

 

だから、理想の“いい人”に出会いたいなら、まずは自分が“いい人”にならないといけないってこと。

 

身近に悩んでいる人がいたら言ってあげよう

自分は大丈夫だけど、周りに“いい人”に出会えなくて悩んでいる人がいたら、私がここに書いたようなことを言ってあげたらいいと思う。

 

ちなみに私はこういうことを、友達に面と向かってズバズバ言う(笑)

 

「私には言えないわ」という人が多そうだけど、本当にその人のことを想うなら、正直に言ったほうがその人のためだと思う。

 

だから最後に、悩んでいる人にとどめを刺しておく。

 

 

 

いい人に出会えないのは、あなたの人間力低いからだよ!!!

 

 

 

悔しかったらキラキラした人生歩みやがれ!(笑)

 

関連記事:

🔽面白すぎておすすめしたくない本3選←恋愛本紹介してます。

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。