旅行と旅はどう違う?

しおり
こんにちは。昨年世界一周してきましたしおりです。今回は「旅行と旅はどう違う?」です。

旅行と旅はどう違う?

 

もともと旅行は好きだったので、大学1年のときから海外旅行は毎年欠かさなかった。

 

だから海外へ行くことに、何の抵抗も不安も感じなかった。

 

けれどピースボートで世界一周を経験し、これまで見てきた海外の地で感じるものとは、全く違う刺激を得た。

 

 

どうしてこんなにも違ったのか?

 

 

それは「旅行」と「旅」という違いにあったんだと思う。

 

「旅行」と「旅」の違い

まずはこちらのサイトから言葉の意味を引用してみた↓

旅・・・住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと。旅行。古くは必ずしも遠い土地に行くことに限らず、住居を離れることをすべて「たび」と言った。

旅行・・・徒歩または交通機関によって、おもに観光・慰安などの目的で、他の地方に行くこと。たび。

引用: 広辞苑第6版

これを見ると、旅には「旅行」、旅行には「旅」という単語がそれぞれ使われており、全く別の言葉ではないとわかる。

 

 

これを踏まえて、私の考える「旅」と「旅行」の違いは以下。

 

  • 旅・・・目的地が明確に定まっておらず、計画の有無は問わない。
  • 旅行・・・目的地がある程度定まっていて、事前の計画に基づいて動く。

 

 

つまり、目的地や計画の有無を問わない「旅」に対し、「旅行」は事前の計画を立てるための“情報”が必要になる

 

 

旅行は“情報”を重視、旅は“気分”を重視

私は世界一周前までは「旅行」が好きだったので、とにかく旅行先に関する情報を集めることに必死だった。

 

観光、グルメ、穴場スポット、特産品、話題のお店など・・・

様々な情報を収集し、その情報に基づいて計画を立てた。

 

 

計画を立てるのは楽しかったし、おかげでより良い「旅行」ができたけれど、一方で上手くいかないとイライラしたり、計画の変更を強いられると、悔しいような悲しいような気持ちになったりした。

 

 

けれど「旅」は自分の気分を重視するので、全てが流動的に決まる。

 

 

目的地が明確じゃないので宿もギリギリまで決めず、疲れたらゆっくり休めばいいし、行きたいところができたらそこへ向かう。

 

ゆっくり過ごしたい場所で好きなだけゆっくりして、行こうと思っていた場所にも気分が乗らなくなったらやめてしまう。

 

 

とにかく気ままで、下調べもあまり必要ない。

 

 

私は世界一周をきっかけに、「旅行好き」ではなく「旅好き」に変わった。

 

旅行もいいけど、たまには旅をしてみよう

旅はいい。

自分の本来の姿が、そこから見えてくるような気がする。

 

 

「旅行」は計画通りにいかないこともあるけれど、「旅」にはそもそも計画がないので、それがどんな形になろうと、それはそれでありだと思える。

 

 

つまり、旅行に失敗はあっても、旅に失敗はないのだ。

 

 

だから旅はいい。

 

 

もし今まで旅行ばかりしてきたという人は、ぜひ旅をしてみてほしい。

 

 

 

できるか心配?

 

 

 

 

大丈夫。

 

 

 

ただ気分の赴くままに、少し足を伸ばしてみるだけ。

 

 

もしかしたら旅行では得られなかった何かが、旅の経験から見えてくるかもしれない。

 

関連記事:
🔽貯金はある、旅に出たい、けど仕事は辞めたくない人へ
🔽なんとなく大学へ行くなら旅に出る方が100倍マシ

 

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。