ピースボートの旅エピソード inホノルル『これが欧米のナンパスタイル?!』

しおり
こんにちは!昨年ピースボートに乗船しましたしおりです。今回は「ピースボートの旅エピソード inホノルル『これが欧米のナンパスタイル?!』」です

ピースボートの旅エピソード inホノルル『これが欧米のナンパスタイル?!』

 

95回クルーズの最終寄港地だったハワイのホノルル。

最後の最後!だったんだけど、私は1人でぶらぶら当てもなく散歩するというスタイルでのんびりしてました。

100日近くの船旅も最後の方になるともう帰りたくなったり、結構いろんなことがどうでも良くなったりしてくるんですね(笑)

 

そして毎日人に会いすぎて、たまには一人になりたい・・・でも船の中ではどこへ行っても友達や顔見知りばかり・・・。

あ”ーー!!!

 

となっていた私は最後は思う存分一人を満喫しよう!と思ったわけです。

そしてブラブラとハワイのビーチをお散歩していたところ、こんなことがありました。

 

ビーチでナンパ、衝撃のセリフ

ビーチを一人ブラブラしていたら、20〜30代?くらいのカリフォルニア出身という白人男性が声をかけてきました。

「Japan?」って声をかけてきた彼は「日本文化が好きなんだ」みたいな話をしていました。

そのほかにも色々言ってたんだけど、英語のリスニング力が弱小レベルの私には彼が何を言ってるのかあまり理解できず・・・

「わからないよ」というそぶりを見せると、スマホの翻訳機能を使って日本語に訳してくれました。

そこに書いてあった日本語がまぁ衝撃で(笑)

 

翻訳したスマホの画面を見せてもらうと、そこには・・・

 

 

「もしもあなたが望むなら、私はあなたにオーラルセックスをします」

 

って、書いてあったんです(笑)

爽やかな顔してさらっと・・・

 

まさかね、そんなこと言われると思ってなかったんでびっくりして笑っちゃいました。

 

「ノーセンキュー!」

って行こうとしたら、

「ちょっと待って!なんか飲む?5分だけちょうだいよ」

って彼がいってきたんですけど、私は断って「バイバーイ」って感じでその場を後にしました。

 

5分間のプレゼンテーション

あとで船に帰ってから友達にこの話をしたら

 

「その5分は絶対プレゼンでしょ。聞いてこれば良かったのに。」

と言われました。

 

・・・なるほど!!!(笑)

 

一体あのまま話を聞いていたら、彼は5分間でどんなプレゼンをしてくれたのか・・・。

そう思ったら少し気になってしまった私でした。

 

「英語勉強しよ」と思った瞬間

もしあの時話を聞いていたとしても、私のリスニング力では彼のプレゼンをちゃんと理解してあげられなかったかもしれない・・・。

英語で会話ができたらこんな面白い場面に出くわしても対応できるんだなー、ふむふむ。

 

英語ってこんな時に必要なのかも・・・!!

 

と思った瞬間でした。

 

私は海外旅行の経験はそれなりにあるけれど、英語が喋れなくても勢いでなんとかしちゃう派なんですね。

そうな感じなんでいつまでも英語が上達しない私・・・

 

そんな中この時ばかりは、「英語勉強しよ」と本気で思ったのでした。(笑)

どんな動機やねんて感じですね。

 

ピースボートの旅スタイルは自由自在!1人旅デビューにもおすすめ

ピースボートの旅というと仲間同士でワイワイする旅を想像するかもしれませんが、一人でまわる人もたくさんいます。

寄港地によっても色々変えて、一人だったり、数人だったり、大人数だったり。

気分や場所に合わせて、旅のスタイルをチョイスできます。

 

私は人に合わせるのが苦手なくせに、1人は寂しいという面倒なタイプなんですが、

そんな人にはピースボートは持ってこいで、1人旅のつもりで船を降りたのに、あちこちでピースボートの人に会う、という状況が自然に発生します。

寂しくなったら合流し、困ったら助けを求められるという安心感があるので、1人旅が不安な人にもハードルが低く、挑戦しやすい環境です。

 

1人旅は寂しさがありますが、複数で行く旅では得られない経験ができるので、たまには1人旅をしてみるのもおすすめです。

思わぬハプニングがあるかも。

ただし、危険には気をつけて、自分の身は自分で守りましょー!

 

関連記事:

🔽フランス(パリ)で黒人にぼったくられたお金を取り返した話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。