ピースボートで世界一周〜行きたいところへ離脱しよう〜

しおり
こんにちは。昨年世界一周してきましたしおりです。今回は「ピースボートで世界一周〜行きたいところへ離脱しよう〜」です。

ピースボートで世界一周〜行きたいところへ離脱しよう〜

 

ピースボートの世界一周中、人によっては船の上の生活に飽きる人もいます。

船上生活がメインとなるので、もっと海外の土地を楽しみたいと思う人もいると思います。

 

そういった人たちにおすすめなのが離脱という手段。

今回は「離脱」について説明します。

 

離脱ってどういうこと?

離脱とは、ある寄港地で船を降りたあと、その場所では船に戻らず、先の寄港地で合流することです

 

いくつ先の寄港地になっても構わないですが、大体の人が、降りた場所から1〜2つ先の寄港地で合流していました

 

離脱には、自分で計画して離脱する場合と、ピースボートのオプショナルツアーとして組まれているオーバーランドツアーを利用するという、2つの手段があります。

 

私は海外旅行の経験も多かったので、世界一周では、ピースボートならではのツアーを楽しみたいと考え、自分で計画する離脱はせず、オーバーランドツアーとして、2回の離脱を経験しました。

共通するメリット、またそれぞれの手段によるメリット・デメリットについてまとめてみます。

 

離脱のメリット

  • 海外の土地を長時間楽しめる
  • 現地の食事をたくさん楽しめる
  • 現地のホテルを体験できる
  • ホテルに宿泊すればWiFi環境があるところが多い

 

自分で計画して離脱する

メリット

  • 未知の世界の冒険心が掻き立てられる
  • 海外一人旅の経験ができる
  • 船でできた気の合う友達と一緒に行ける
  • 行きたい目的地が港から遠くても、時間をかけて行くことが可能
  • 好きな友達と長い時間一緒に居られるので、またさらに仲良くなれる
  • ツアーを利用したり、自分で日本から飛行機を手配したりする場合に比べて、金額が少額で済む
  • 自分(たち)のペースで旅ができる
  • 行きたいところを自分で決めて行ける

 

デメリット

  • 言葉が通じない不安がある
  • 船の上で計画することが多いので、オフライン状態でリサーチが不十分になりがち
  • 自分(たち)で先の寄港地に戻ってくる必要がある
  • 移動の手配は自分でする
  • 離脱の手続きにお金がかかる
  • もし自分で船に戻ってこれなかった場合、ピースボートのスタッフが船に戻れるよう手配してくれるが、お金がかかる
  • 安全対策は自分でしっかりする必要がある
  • 移動に飛行機など予約が必要な交通手段を利用する時は、離脱前の寄港地でのWiFiスポットか、船内の有料インターネットを利用して予約する必要がある

 

オーバーランドツアーで離脱する

メリット

  • 移動はスタッフに任せられるので安心
  • 食事は決まっているので迷うことがない
  • ツアーが一緒な人たちと長時間行動を共にするので、仲良くなれる
  • ピースボートならではの学びや国際交流がある

 

デメリット

  • オーバーランドツアーは金額が高め
  • 団体行動が多い
  • 行きたい場所のツアーが組まれていない可能性がある

 

自分に合った方法で離脱しよう

離脱しないという選択肢もあります。

 

だけど離脱した人たちは、離脱中の苦い経験(スリにあったり、予定通り戻ってこられなかったり)を経て、いろんなことを学んだり、成長したりできているように感じました。

 

離脱したことを後悔するような人は、あまりいなかったんじゃないかなと思います。

 

私もオーバーランドツアーに参加したことは、とてもいい経験になったし、そこで得た学びは今後の人生に生かしていけることだと思っています。

 

不安なことやお金の問題もあるけれど、冒険のつもりでやってみるといいと思います。

 

もし行きたい場所がすでに思い描けているのなら、出発前にある程度リサーチしておくのがおすすめです!

 

 

ピースボートの関連記事はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。