ネットワークビジネス初心者が感じる抵抗感〜恐れているのは誰より自分だった〜

しおり
こんにちは!ネットワークビジネス初心者のしおりです。今回は「ネットワークビジネス初心者が感じる抵抗感〜恐れているのは誰より自分だった〜」です。

ネットワークビジネス初心者が感じる抵抗感〜恐れているのは自分だった〜

 

ネットワークビジネスを始めたと言っても、人を誘ったりという活動はあまりしていない私。

しおり

言いづらいなー・・・売りつけているわけじゃないけど、そう思われるかもしれないし。

 

なんとなく自分の中で「物を売る」ことに対する抵抗感が抜けず、そんな風に考えていました。

だけど、経験者にいわれたのがこの言葉。

 

「オススメの映画教える時、一回見てみ?っていうでしょ。それでつまらなくても、つまらんかったっていうだけ。

ネットワークもやるかやらないかはその人次第だけど、知っておいて損はないよね。情報提供するだけだよ。

売りつけていると感じているのは、自分だけかもよ?」

 

嫌われるのが怖い?恐れているのは自分だった

言われてみてハッとしました。

確かに私は話を聞いた時売りつけられているとは思わなかったし、本当にいい話だから人に勧めたいと思いました。

自分がいいと思ったものを人に勧めるのに、抵抗を感じる必要はないんだと気付きました。

 

売りつけると思われる

そう感じるのも相手ではなく誰よりも自分自身だったのだと思います。

物を売る経験がなかったから、よりそう感じてしまうのかも。

 

だけど良いものを知ったら欲しくなるのは当然だし、知って損はないんだからやっぱり情報提供は必要だと思いました。

 

ネットワークビジネスは敬遠される?世界を広げて見てみよう

私はネットワークビジネスは敬遠されがちなものだと思っていましたが、実際ネットワークビジネスの良さを知っている人もたくさんいることに気づきました。

私が思っている「世間」はこれまで自分がいた世界の話。

それこそネットワークの世界を知らない人が、ネットワークビジネスを敬遠しているということです。

 

だけどネットワークは本当にいいものだし、夢があって人を幸せにするビジネスです。

世間一般の悪いイメージは、自分の知っている範囲で作り上げられている世界にすぎないということ。

 

まずは話だけ聞いてみる、知らない世界に飛び込んでみる、そんなスタンスが大切なんだと思います。

 

ネットワークビジネスを勧めるのは、オススメの映画を教えるのと同じ!まずは話を聞いてみるべし!

自分がいいと思ったら、人に自然とおすすめできるもの。

それなのにそこにお金が絡むと、なんだか躊躇してしまうものです。

 

だけど、面白いと思った映画を勧めるのと同じように、やっぱりいいものだから勧めたい。

躊躇して悩んでいた自分に、踏ん切りをつけることにしました。

 

知らない人は損してる!

 

私は本気でそう思ったし、やっぱり自信を持って勧めたいと思います。

 

伝えるならやっぱり身近な人から!だって幸せになってほしいから。

ネットワークビジネスに友達や身近な人を誘うのは、やっぱり身近な人に幸せになってほしいから。

友達を誘わなければ、嫌われたりする心配はないし、関係が崩れても失うものは少ないかもしれません。

 

だけど身近な人に幸せになってほしいから、私は友達や身近な人から誘いたい。

 

騙されたと思って、一度話を聞いてみるべし。

 

もしそんな風に私が言ったら、耳を傾けてもらえると嬉しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。