なぜイメージが悪いのか?ネットワークビジネスについて考えてみた

しおり
こんにちは!ネットワークビジネスのことを発信しているしおりです。今回は、「なぜイメージが悪いのか?ネットワークビジネスについて考えてみた」です。

なぜイメージが悪いのか?ネットワークビジネスについて考えてみた

 

ネットワークビジネスって悪いものじゃないんだけど、なんとなくイメージが良くない・・・。

 

以前に嫌な思いを経験したというわけじゃないけれど、

一般的にマイナスなものとして捕らえられていることが多くて、よくわからないけど、やらない方がいいものだと思っていました。

 

実際に聞いてみたら悪い話ではなかったけれど、それでもイメージの悪さを払拭するのに、すごく時間がかかりました。

 

どうしてこんな悪いイメージがあるんだろう?

 

そんな理由を、ここでまとめてみました。

 

イメージが悪い理由① 学校でネットワークビジネス=ねずみ講、悪徳マルチ商法と教えられていた

学生時代、家庭科の時間に「ねずみ講」について教わりました。

詳しくどのように教わったかは忘れたけれど、合法なネットワークビジネスとの違いについては習わなかったと思います。

 

そのため日本では、この2つを区別できていない人が多く、「ネットワークビジネス=ねずみ講、悪徳商法」と認知されてしまっているのです。

 

Aちゃん
ネットワークビジネスとねずみ講は、何が違うの?

 

良く聞かれる質問なので、違いをまとめたものを引用してみました↓

参考ページ:ネットワークビジネスとねずみ講の違い

ネットワークビジネスの特徴は、

  • 後から始めた人でも、頑張り次第で、上の人の収入を超えることができる。
  • 収入が無限に広がる訳ではない
  • 商品やサービスを扱っている
  • 商品・サービスが収入源

 

一方でねずみ講の特徴は、

  • トップの人が一番収入を得られる仕組み
  • 収入が無限に広がる
  • 金銭のみの流通
  • 会員費を収入源とし、組織の中で分配する

 

一番わかりやすい違いは、ねずみ講は違法なので、やっていたら捕まるということです(笑)

 

イメージが悪い理由② 強引な勧誘や、違法な勧誘、売りつけ

ネットワークビジネスに勧誘された経験がある人からは、このような話を良く聞きます。↓

  • 友達がネットワークビジネスを始めて、しつこい勧誘を受けた
  • 友達に誘われて参加したセミナーが、ネットワークビジネスのセミナーだった
  • 製品をしつこく売りつけられた

 

実際に私もアムウェイのセミナーに参加したときは、アムウェイだということを知らされずに誘われたし、正直いい思いはしませんでした。

(※違法です。信頼を失うのでやめましょう。)

 

嫌われたり断られたりすることを恐れて、ネットワークビジネスだと告げられない人も多く、それがトラブルになることも多いようです。

 

また一方で、強く商品を勧めたことで、「売りつけられている」と相手に感じさせてしまい、悪いイメージがついてしまうこともあるようです。

 

イメージが悪い理由③ ネットワークビジネスでの勧誘をたくさん受けた

私はネットワークビジネスの話をこれまであまり受けたことがなかったのですが、

実際にはそういった話がたくさんあるようで、勧誘をたくさん受けて、もう嫌になったという人も中にはいるようです。

 

特に新しい繋がりを求める出会いの場には、ネットワークビジネスの勧誘目的の人がいることも多いようで、

仲良くなった人が、目的はそれだったと知ってガッカリ・・・ということもあるそうです。

 

ただ、私はビジネス目的で出会いを求めたことはないけれど、自分もネットワークビジネスをしている一人として、

ネットワークビジネスをしている人と出会った=勧誘されるから関わらないほうがいい

とは思わないでほしいと願っています。

 

イメージが悪い理由④ ネット上に溢れるネットワークビジネスでの失敗談

ネットワークビジネスは失敗談はリアルでもネット上でも多く、マイナス面の情報はよく伝わり、印象に強く残ります。

 

情報化社会の中にいる私たちは、マイナス面の情報を得る機会が多く、そういった情報を見て行動できなくなっている人が多いように思います。

 

実際には失敗談と同様に成功談もたくさんあるのですが、その情報は伝わりにくく、マイナス面の方が強く出てしまいます。

 

ネットワークビジネスの成功者はそれを公表している人が少なく、成功は難しいと捉えられてしまうのかもしれません。

 

まとめ:たとえイメージが悪くても、ネットワークビジネスが悪い訳ではない

ネットワークビジネスのイメージの悪さは、かつて間違った教育をされたことや、勧誘方法に問題があったりなど、理由は様々です。

 

だけど全てのネットワークを悪いものととらえるのではなく、正しい方法でやれば、広く受け入れられる立派なビジネスです。

 

私は「勧誘」という言葉を使うのも好きじゃなくて、「情報提供」であり、一人一人が「営業マン」になる仕事だと思っています。

 

もしもあなたのところにネットワークビジネスの話がきたら、まずは情報を伝えてくれた人に「ご苦労様」と言ってほしい(笑)

 

誤解がある日本では、ネットワークビジネスの情報を伝えることは勇気が入ります。

 

それでもネットワークビジネスの情報は、伝えることでしか広まらないものだから、嫌われたり誤解されたりするリスクを負いながらも、伝えている人がたくさんいるのです。

だから頑張って情報を伝えている人には、あまり身構えず、情報に耳を傾けてみてほしいと思います。

 

ネットワークビジネスを受け入れられる世の中に😊日本に幸せを広げよう

日本でネットワークビジネスがもっと受け入れられるようになったら、豊かな人が増えて、いい製品がたくさんの人の手に渡るようになる。

ネットワークビジネスの誤解で辛い思いをする人が、ずっと少なくなる。

 

強引な勧誘や違法な勧誘をしなくても、自信を持ってネットワークビジネスを仕事にできる人が増える。

 

そんな世の中になったら、きっと幸せ。

 

そんなことを夢見て、私はネットワークビジネスの良さを、これからも発信していきたいと思います😊

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。