時代にはすすんで乗り遅れよう

しおり
こんにちは。現在諸事情によりグーグル広告配信停止中(事故です)のしおりです。今回は「時代にはすすんで乗り遅れよう」です。

時代にはすすんで乗り遅れよう

 

私はこれまで「流行り」を意識して生きてきた。

 

あまり興味がなかったテレビ番組、芸能人、有名なアーティスト、おしゃれ等・・・

 

 

 

そういったものについていかなければいけないと、そう思って生きてきた。

 

 

だけど今思えば、そもそも時代について行くこと自体、間違ってたんだよね。

 

「流行り」に振り回されてはいけない

 

流行りに乗らないといけないと、思っていないだろうか。

 

 

乗らないと時代遅れになると、思っていないだろうか。

 

 

 

流行りに乗るのはやめてしまおう。

 

 

 

時代には自ら乗り遅れよう。

 

 

 

 

どこにたどり着きたくて、それを追いかけようとするの?

 

 

 

自分の望む未来は、それを追いかけることで手に入る?

 

 

時代は乗り物じゃない。流れるものだ。

そもそも時代って、乗り物なのかな?

時代とは、時間の継続性の観点で特徴を持った1区切りを指す。(wikiより)

 

つまり、時代とは流れるものなのだ

 

 

それに乗り込んでしまっては、流されるように生きることしかできない。

 

 

 

流行りを追いかけてもきりがないのはこのためだ。

 

 

時代は切り開くもの。乗り込んではいけない。

 

流されるように生きるなんてごめんだ。

 

 

 

わたしはわたしの生きたいように生きる。

 

 

 

誰だってそうありたいと思う。

 

 

 

だから自分がやりたいことをしよう。

 

 

 

興味のないことに時間をかけていては、本当にやりたいことを見失ってしまう。

 

 

知らないことは恥ずかしいことではない

わたしは芸能人にあまり興味がないし、テレビを見ることもめっきり減ってしまったから、名前も顔も知らない有名人がたくさんいる。

 

 

昔はこれが恥ずかしいことだと思って、一生懸命テレビに出ている人の名前と顔を覚えようとしたこともあった。

 

 

 

だけど、そんなことを気にする必要はなかったんだよね。

 

 

知らない人がいたって、別に恥ずかしいことじゃない。

 

知らないんだ、興味ないんだって、言えばいいだけのことだから。

 

 

 

わたしの知らないことは、世の中にいっぱいある。

 

 

だけど、知らなくていいことも世の中にいっぱいある

 

 

 

わたしは知りたいことだけを追い求める。

 

 

やりたいことだけを追い求める。

 

 

 

時代を切り開くように、わたしはこれからも突き進む。

 

 

幸せ論に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。