にっぽんの不思議

しおり
初めまして。先日世界一周してきましたしおりです。今回は「にっぽんの不思議」です。

にっぽんの不思議

 

日本という国は不思議だ。

 

そこに困っている人がいて、あ、それ聞いてくれたら答えれるなって思うのに、困ってる方も聞いてこないし、こっちも聞かれないからいいか、ってなったりする。

 

そして困ってる方も我慢して、これでもいいか、と諦める。

 

 

 

そんなことって、日常的にないだろうか?

 

 

聞けばいいのに。って客観的にみて思うのに、自分もきかなかったりする。

 

 

 

なぜだろう。

 

 

多分そうやって、人に手を差し出すことに慣れていないのだと思う。

 

余計なお節介かなと思って、関わろうとしないのだ。

 

 

 

海外だったら、どうだろう。

 

そこで周りの人が、自然に手を差し伸べているような気がする。

 

人に手を差し出すことが、日常的なことなのだ。

 

 

 

日本人て、どうしてこんなに縮こまってるんだろう?

 

 

 

海外に行ってもそう。

 

わからないことがあったら、つたない英語でも聞けばいいのに、なんだか話しかけられなくて、ちゃんと伝えられないんじゃないかって、あたふたする。

 

 

日本の観光地でもそう。

 

何人かに聞いたらわかりそうなのに、あの人に聞いてもわからなそうだし、あの人も知らなそうだし、誰に聞けばいいかわからないなと思って足を止めてしまう。

なるべく自分で調べて、解決しようとがんばる。

 

 

 

10人でもいいから聞いたらいいんだ。

 

そのなかの1人くらいは知ってるんじゃないか。

 

 

 

そう思うのに、そういう自分も頑張って自分で解決しようとする。

 

 

 

不思議だ。 臆病者っていうか。

 

人と人との関わり合いに、慣れてない感じ。

 

 

 

たぶん、この人との関わり合いに慣れる手段が、ヒッチハイクなのかな。

 

ヒッチハイクがいいっていうのはそういうことか。

 

 

 

 

そんなことを、大阪に向かうバスの中で、前の座席の男の子が、リクライニングを倒したいけど、やり方がわからなそうにしているのを見て思うのでした。

 

PS

結局その隣にいた男の子の友達が教えてあげてたみたい。よかった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。