ピースボートで役立つ便利な持ち物100のリスト完全版

しおり
こんにちは。昨年ピースボート世界一周してきましたしおりです。今回は「ピースボートで役立つ便利な持ち物100のリスト完全版」です。

ピースボートで役立つ便利な持ち物100のリスト完全版

 

100日間の船旅をより良いものにするためには事前準備が大切です!

私が乗船した経験から船旅に必要な持ち物リストを作成してみました。

これから乗船する人は良かったら参考にしてください。

この記事の目次

貴重品

✅パスポート
✅運転免許証
✅現金(日本円、ドル、ユーロ)
✅クレジットカード
✅海外旅行保険証

 

パスポート

船で透明なケースに入れてくれるので、裸の状態で持って行きましょう。

 

運転免許証

身分証明は基本的にパスポートで行いますが、寄港地でレンタカーを借りる場合は日本で国際免許証を取得しておきましょう。

費用は2,400円程で各都道府県の免許センターで取得できます。

 

現金

日本円、ドル、ユーロを準備しておきましょう。

船内ではクレジットカードを登録した専用のIDカードで決済するので現金は使いませんが、乗船者同士で割り勘するときに細かい小銭があると便利です。

 

クレジットカード

VISA、AMEX、MASTER、JCBなど銘柄は様々ありますが、JCBは取り扱い可能な国が少なく、ピースボート の船旅には不向きです。

JCB以外のカードも準備しましょう。

またカードを紛失してしまう可能性もあるので、必ず2枚以上のクレジットカードを準備しておきましょう。

 

海外旅行保険証

海外旅行保険は必ず入っておいたほうがいいです。

クレジットカードの付帯保険を利用する場合は、そのカードを忘れず持って行くことと、条件が適応しているかを確認しておきましょう。

 

衣類

✅船内・寄港地用の服↓

✅Tシャツ
✅パンツ・スカート
✅パーカー・カーディガン
✅セーターやトレーナーなど暖かい服
✅コート

✅スーツ・ドレス
✅運動着
✅下着
✅靴下
✅タオル
✅マフラー・ストール類
✅浴衣・甚平
✅コスプレ
✅水着

船内・寄港地用の服

Tシャツ

無地のものがどんな服にも合わせやすく便利です。

また運動会の時は団の色の服を着るので赤白青黄のものがあると便利ですが、貸し借りや寄港地での購入もできます。

団の色は運動会が近づいた頃に船内で発表されます。

 

パンツ・スカート

船内はラフで動きやすい服装が基本でした。タイパンツを履いている人も多かったです。

ビーチに行く時は入る予定はなくてもショーパンや短パンがおすすめ。

ワンピース

女子はワンピースを多めにすると荷物が減らしやすいです。(ただ船内で積極的に運動する場合はワンピースだと不便)

 

パーカー・カーディガン

船内では基本的に半袖+羽織1枚で行動することが多かったです。

なのでさっと気温に合わせて調整できるものが2着以上あると便利です。

 

セーターやトレーナーなど暖かい服

寒い寄港地へ行くときにあると便利です。寄港地では国名や地名入りのパーカーがよく売っていて、それを買っている人も多かったです。

 

コート

軽くてあまりかさばらないもの、なるべく暖かいものがおすすめ。

 

スーツ・ドレス

船内で月1回くらいの頻度でパーティが行われたり、誕生日や結婚式などのお祝い事、イベントの時に使います。

寄港地におしゃれして出かけ、写真を撮るのもおすすめ

女性は2着以上あると飽きずに楽しめます。

 

運動着

スポーツやダンス、ジムを利用する際に必要です。

 

下着

洗濯頻度によって必要枚数が変わります。自分でこまめに洗濯していればあまり多くなくても大丈夫です。

 

靴下

靴の使用頻度や洗濯頻度によって必要枚数が変わります。私の場合は船内はサンダルで過ごすことが多かったので、3足程で足りました。

 

タオル

船内の備え付けタオルは部屋から持ち出し禁止なので、寄港地で海に行くとき用に必要です。

そのほかに汗拭き用、寄港地用に小さいサイズのタオルがあると便利です。

おすすめはこちらで紹介してます↓

🔽100日間の船旅を経験した私が旅に使えるおすすめの便利アイテムを教えます

 

マフラー・ストール類

おしゃれや寒さ対策用に1枚あると重宝します。

私は薄手で大きめのストールをマフラーがわりにして船内や寄港地でよく使っていました。

 

浴衣・甚平

夏祭りや、イベントごとで使います。着付けができなくても誰か手伝ってくれます。

かさばるので持ってこなかったという人は後悔している人が多かったです。

みんなが着ていると自分も着たくなるので絶対持ってきた方がいいです!

 

コスプレ・仮装グッズ

イベント時に使います。私はハロウィンの時にチップの着ぐるみを着ていました。

「要らないかな〜」と思いそうだけど絶対楽しいので持っていくのがおすすめ!。

 

水着

船内のプールやジャグジー、寄港地の海で使用します。

 

✅スニーカー
✅クロックス・ビーチサンダル
✅おしゃれサンダル・おしゃれシューズ
✅携帯用スリッパ
✅パンプス・ミュール

スニーカー

1〜2足あればなんとかなります。寄港地で買うこともできます。

 

クロックス・ビーチサンダル

船内ではクロックスやビーサンで過ごしている人が多かったです。

ビーサンは寄港地で安く手に入るので、途中で買い替えたりしていました。

 

おしゃれサンダル・おしゃれシューズ

4階レストランを利用するときはサンダルやクロックスを履いていると注意を受けます(特にディナー利用時)。

4階レストランを利用するときや、寄港地で少しおしゃれに決めたいとき用の靴があると便利です。

 

携帯用スリッパ

海外のホテルにはスリッパがなかったりするので、気になる人はあると便利。

個人的にはクロックスやビーサンで対応しても良いかと思います。

 

パンプス・ミュール

フォーマルドレス用に。パーティやイベント時に使います。

 

カバン

✅スーツケース
✅ボストンバッグ・バックパック
✅斜めがけカバン
✅リュック

スーツケース

ベットの下に開けた状態で入れて収納としても活用していました。

 

ボストンバック・バックパック

オーバーランドツアーや離脱をする際に利用。

ただスーツケースだけでも特に問題なかったので、バックパックで離脱したい人だけで良いと思います。

関連記事:🔽ピースボートで世界一周〜行きたいところへ離脱しよう〜

 

斜めがけカバン

ひったくり防止にも斜めがけや腰に巻くタイプのものをお勧めします。

船内でも使うこともありますが、手ぶらで動き回ることも多かったです。

部屋が遠い人やあまり部屋に戻らない人はよくカバンを持ち歩いていました。

 

リュック

2日滞在の寄港地で宿泊することがあるので、1〜2泊の荷物が入るサイズのリュックがあると便利です。

 

電子機器

✅デジカメ
✅SDカード
✅三脚
✅スマホ
✅モバイルバッテリー
✅イヤホン・小型スピーカー
✅ノートパソコン
✅外付けハードディスク
✅USBメモリ
✅チェキ
✅電子辞書
✅腕時計

デジカメ

私は荷物が増えるのが嫌いなのでスマホ派ですが、やっぱり一眼レフで撮った写真は全然違います。

紛失、盗難、故障のリスクに備えたい場合は予備もあるといいかも。

 

SDカード

容量は十分に開けておくか、大容量のものを準備しておくのがおすすめです。

 

三脚

夜景を撮りたい場合は必須です。

 

スマホ

特に若者であればiPhoneがおすすめです。買い換えることをお勧めします。

関連記事:🔽ピースボートに乗るならiPhoneを買おう!!

 

モバイルバッテリー

旅先でバッテリーが無くなると写真や動画を取るの躊躇してしまうので持っておきましょう。

 

イヤホン・小型スピーカー

音楽を楽しむ時に。小型スピーカーは船ではかなり活躍します。

私は気に入って帰国後に購入しました。

こちらの記事でモバイルバッテリーやイヤホンのおすすめを紹介してます。↓

🔽100日間の船旅を経験した私が旅に使えるおすすめの便利アイテムを教えます

 

ノートパソコン

スマホのデータがいっぱいになった時の移行先にもなるのであると便利です。

持ってこなかった人は後悔している人も多かったです。

買うならMacBookがおすすめ。

関連記事:🔽MacBookを早く安く買う方法 〜20代女子が電気屋さんで初めて値切ってみた〜

 

外付けハードディスク

パソコンとセットであると便利です。見たい動画があれば予め入れておくといいかも。

 

USBメモリ

写真をプリントする時や、データを共有する時に使えます。

 

チェキ

交流ツアーなどで活躍します。現地の人にその場で写真をプレゼントすることができます。

 

電子辞書

GETの英会話プログラムや地球大学などを受講している人はあると便利かもしれません。

 

食べ物・飲み物関連

✅お菓子・カップ麺
✅のど飴
✅水筒・タンブラー
✅マイ箸・スプーン・フォーク

お菓子・カップ麺

船内でも買えますが、たまに船内にない日本のお菓子を食べると懐かしい気持ちになります(笑)

寄港地のスーパーでもお菓子やカップ麺は買えますが、日本のものを食べたいのであれば持っていくとお得です。(船内で買うと高い)

 

のど飴

船内は乾燥しているので重宝します。

 

水筒・タンブラー

私は保温性のある物とない物の両方を使っていました。

 

箸・スプーン・フォーク

使い捨てでもいいですが、洗って使えるものが1つあると数を気にしなくていいので便利です。

 

 

文房具

✅ノート・メモ帳
✅スケッチブック
✅色紙
✅筆記用具(シャーペン、ボールペン、消しゴム、付箋など)
✅ペン・マジック類(マッキー、ポスカ、色鉛筆、クレヨンなど)
✅工作用具(カッター、ハサミ、のり、テープなど)
✅ファイル・穴あけパンチ:
✅名札入れ

ノート・メモ帳

日記や勉強用に。船(や寄港地)でも買えます。

 

スケッチブック

スケッチブックに寄港地名を書いて写真をとっている人が多かったです。

 

色紙

イベント事や誕生日の友達に贈る用に使うことがあります。

 

ペン・マジック・工作用具

ピースボートで借りることもできますが、頻繁に使う場合は自分のものがあると便利です。

ガムテープは帰りの荷造りに使います。船でも購入できます。(やや高い)

セロテープはなんだかんだ使います。マスキングテープはデコレーションに活躍しました。

 

ファイル・穴あけパンチ

船内新聞を取っておきたい人はあると便利です。A4サイズ。

 

名札入れ

初めの頃は名前の知らない人ばかりなので多くの人が名札をつけていました。(だんだん付けなくなる人もいる。)

IDカード入れとしても使います。船でも買えますが、高いので用意しておくのがおすすめ。

 

船内生活用品(部屋の設備として)

✅置き時計
✅海外対応ドライヤー
✅ヘアアイロン・コテ
✅延長コード・たこ足・テーブルタップ
✅変圧器
✅食器用スポンジ・洗剤
✅洗濯洗剤
✅洗濯物干グッズ↓

✅洗濯紐
✅ピンチハンガー
✅針金ハンガー
✅洗濯ばさみ

✅加湿器
✅ファブリーズ
✅ホワイトボード・マーカー
✅マグネットフック・S字フック・吸盤フック

置き時計

部屋に100円の置き時計を1つ置いておくと便利でした。

 

海外対応ドライヤー

備え付けのものがありますが、シャワーが立て込んでいるときにもう1つあると便利です。

海外のホテルにはドライヤーがないこともあるので、現地で宿泊するときにも役立ちます。

これは私も持っていて、コンパクトで風力も強くていい感じです。国内でも使えます↓

 

ヘアアイロン・コテ

普段使いしている女子や、イベント時のヘアセットに。

 

延長コード・たこ足・テーブルタップ

部屋で使えるコンセントは2つ。これは必ず1つ以上持ってくるべし!

 

C型プラグ

船のコンセントはC型、海外もC型が多いです。

C型以外の国で滞在する場合は、必要なプラグを用意するか、全世界対応型のプラグがオススメです。

私が使っているもの↓

 

変圧器

パソコンやカメラ、携帯には必要ないですが、その他の日本製の家電を使うときは変圧器が必要です。

食器用スポンジ・洗剤

ボトルなどを洗うときに使います。

 

洗濯洗剤

濃縮タイプか、小袋の粉末タイプが便利です。

 

洗濯物干しグッズ

節約派は自分で洗濯していました。有料のサービスを使う人は不要です。

洗濯紐は100円均一で購入できます。

ピンチハンガーはこんなやつ↓

 

関連記事:🔽ピースボートの船室を紹介!4人部屋はこんな感じ!

 

加湿器

部屋の乾燥対策に持ってきている人もいました。

 

ホワイトボード・マーカー

4人部屋の連絡ボードとして活躍します。100均にあります。

 

マグネットフック・S字フック・吸盤フック

天井にマグネットがくっつくので、そこにピンチハンガーをぶら下げていました。(マグネットフックは強力なものがおすすめ

S字フックは小さすぎると引っかからないので大きさ注意!

吸盤フックはシャワーや洗面台で使っていました。

 

船内生活用品(その他)

✅オプショナルツアーガイド
✅洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、洗顔など)
✅綿棒・耳かき
✅爪切り
✅手鏡・櫛・ブラシ
✅メイク用品・基礎化粧品
✅生理用品
✅ヘアゴム・ピン・ヘアワックス
✅シャンプー・リンス・ボディーソープ
✅眼鏡・コンタクト
✅耳栓・アイマスク
✅サバイバルナイフ

オプショナルツアーガイド

船内でツアーを確認したり検討し直したりするのに使います。

 

メイク用品・基礎化粧品、生理用品

普段から前もって必要量を確認しておきましょう。

 

シャンプー・リンス・ボディーソープ

備え付けのものでは髪がバサバサになるとか。

普段の使用量を確認しておくといいです。私はボトル1本づつで十分足りました。

 

眼鏡・コンタクト

私は世界一周前にレーシックを受けました。レーシックおすすめ!

関連記事:🔽まだレーシックしてないの?

 

サバイバルナイフ

寄港地で果物を買った時に切ったり、瓶の飲み物を買った時などに便利です。

 

医薬品類

✅酔い止め(無料のものもあり)
✅常備薬・サプリメント
✅バンドエイド
✅マスク
✅リップクリーム・ハンドクリーム
✅コンタクト洗浄液
✅目薬
✅日焼け止め
✅虫除けスプレー

酔い止め

船内で無料で提供されていますが、酔ってからだと効きません。

心配な人は酔ってからでも効果のあるものを持参したり、その他の船酔い対策はしておくといいかも。

 

常備薬・サプリメント

風邪薬、整腸剤、冷えピタ、鎮痛剤、便秘薬など。

咳風邪が蔓延するので、咳止めもあるといいかもしれません。

関連記事:🔽船で体調を崩したらどうするの?

 

バンドエイド

意外と使わないので少量でいいです。

 

マスク

風邪が蔓延します。感染予防にも。私は頻繁に咳をしていたので結構使いました。

 

目薬、日焼け止め

寄港地で手に入れにくかったので、日本から準備して行くのをお勧めします。

船の上は日差しが強いので、日焼け止めは2本以上あったほうがいいかも。

ちなみに私は飲む日焼け止めサプリも併用して紫外線対策をしていました。(それでも焼けたけど・・・)



娯楽・交流

✅名刺
✅トランプ・UNO・ボードゲーム
✅本・マンガ
✅シュノーケルセット・浮き輪
✅スマホ防水ケース
✅自主企画で必要なもの
✅楽器・楽譜
✅DVD・DVDプレーヤー
✅ネイルグッズ
✅ヨガマット
✅ぬいぐるみ

名刺

出会いが多いので名刺があると便利。

 

トランプ・UNO・ボードゲーム

みんなで遊ぶと楽しいです。

 

本・マンガ

荷物になるので読みたい本があれば予めKindleでダウンロードしておくのがおすすめ。

船内でも水先案内人(※)の書籍が販売されることがあります。

※水先案内人・・・ピースボート が招く各界の専門家やアーティストなど。一定期間船に乗船し、講座が開かれる。

 

自主企画で必要なもの

船内では自分で好きな企画をすることができます。

企画は真面目なものから適当なものまでどんなものでもあり!(笑)

何か必要なものがあれば持って行きましょう。

 

楽器・楽譜

挑戦したいものがあれば持って行くと良いです。私はウクレレに挑戦しました。

関連記事:🔽独学でも上達できる!あなたもウクレレを始めよう!

 

DVD・DVDプレーヤー

よく映画好きな人が集まって見ていました。

 

ネイルグッズ

普段仕事でできない女子におすすめです!

 

ヨガマット

船のカルチャースクールでヨガができます。ヨガマットは船内でも購入可能。

安いものを持って行くなら↓

 

ぬいぐるみ

キャラクターを入れて写真を撮ると写真映えします(笑)

ちなみにシップりんは売店で売ってます。

関連記事:🔽だれやねん、こいつ。

 

寄港地用品

✅セキュリティーポーチ
✅交流グッズ
✅ガイドブック
✅現地用財布
✅帽子・サングラス
✅折り畳み傘
✅ハンカチ・ティッシュ・ウエットティッシュ

セキュリティーポーチ

防犯対策に。私は使いませんでしたが・・・。

海外の土地に慣れていない人は、あると安心かもしれません。

 

交流グッズ

けん玉、万華鏡、シャボン玉、お手玉、折り紙、サッカーボール、扇子など。

個人的にはプレゼントするものより一緒に遊ぶものが良いと思いました。

 

ガイドブック

船内で地球の歩き方を貸出していますが、貸し出しは1時間という制限があります。

詳しい情報が欲しい、時間をかけてじっくり見たいという人は持ってくるのがおすすめ。

 

現地用財布

海外では貨幣よりお札を使うことが多いので、お札がちゃんと入る小さめのものがおすすめ。

 

帽子・サングラス

船上でも使います。風が強いことも多いので、帽子は紐付きで飛ばされないものが良いです。

 

ハンカチ・ティッシュ

海外ではレストランでおしぼりは普通出てこないので、ウエットティッシュはよく使います。

 

 

お・わ・り

結局100を超えてしまった〜(笑)

人によって要らないものもあると思うので、厳選して持ってくるといいと思います!

 

関連記事:

🔽100日間の船旅を経験した私が旅に使えるおすすめの便利アイテムを教えます

🔽ピースボート持ち物アドバイス〜これを見れば荷造りは完璧!〜

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。