なぜ日本の若者は政治に興味がないのか Part2

しおり
こんにちは。昨年世界一周してきましたしおりです。今回は「なぜ日本の若者は政治に興味がないのか Part2」です。

なぜ日本の若者は政治に興味がないのか Part2

 

世界一周中、ピースボートのツアーでアウシュビッツを訪れ、ドイツの学生たちの政治への関心の高さにとても驚かされた。(Part1の記事に書いた)

 

彼らにとっては家族や友達と政治の話をするのは日常的なことだし、政治の話をしないことは、大切なものを欠いてしまうことになるとも話していた。

 

どうして日本人とは、こうも違うのだろう。

 

今回は、日本の若者が政治に関心がない理由Part2です。

 

政治に関心がないのは、政治について話す機会がないからだ

子供の時も今も、普段の生活で政治について話すことは、ほとんどない。

そもそも誰と政治の話をしたらいいのかわからないくらい、話す機会が全くない。

 

政治について考えるのは、政治に関するニュースやテレビ番組を見ている時くらい。

 

 

初めて選挙権を得た時、誰に投票したらいいのかわからなくて、親に聞いてみた。

返ってきた返事はこうだった。

 

そういうものはあまり人に聞くものじゃないのよ。

 

そうか。人に聞いちゃいけないのか。

自分で考えて投票しなくちゃいけないんだな。

 

だけどどうやって考えたらいいんだろう・・・

 

知らない人たちの中から選ぶなんて難しい・・・

 

 

そんな風に思って、私は結局投票することができなかった。

 

適当な1票を入れるくらいなら、入れなくてもいいと思った。

 

そう思って結局、今まで一度も投票に行けていない。

(去年の選挙は世界一周中のため行けず)

 

なぜ政治について話す機会がないのか

本来なら子供の頃から、家庭や学校で、政治についてもっと具体的な話をしていくべきなんだと思う。

 

だけどどこか

子供が政治を考えるのはまだ早い

子供は学校の勉強をしていればいい

というような考えが、日本の大人の根底にある。

 

 

つまり、子供扱いしているんだ。

 

それまで子供扱いして、政治のことを考える機会を与えてこなかったわりには、選挙権を持った途端

もう大人なんだから選挙に行きなさい

政治について考えなさい

などと言い出す。

 

 

なんだか投げやりな言い分だ。

 

急に言われたってどうすればいいのさ。

教えてくれよ。

 

家庭で子供と政治の話をしよう

そんなことを言っていても私はもう大人になってしまった。

政治のことをわからない大人になってしまった。

 

これからは政治について考えられる大人になりたいとは思うけど、

その前に大人になった人たちにお願いしたい。

 

子供と政治の話をしよう。

 

子供扱いして、大人だけで話したりしないで。

 

 

政治って未来に関わることだよね?

子供にも大いに関係あることだよね?

 

 

だから一緒に考えよう。

考えられなくてもいいから、大人の考えを聞かせてあげよう。

考え方を教えてあげよう。

 

その子がいずれ、選挙権を持った時のために。

 

家庭で政治について話すことが一般的になれば、子供同士の間でも、自然と政治の話が上がると思う。

 

 

政治を考えるのに、年齢は関係ない。

 

みんなで日本の未来について、考えていくべきだと思う。

 

関連記事:

🔽なぜ日本の若者は政治に興味がないのかPart1
🔽政治が目指すべきところ〜日本の政治はどうしてダメダメ?〜

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。