“幸せになれる方法”なんてない

しおり
こんにちは。泊まりがけで出かけると、ほぼ毎回と言っていいほど忘れ物をしてしまうしおりです・・・。今回は「“幸せになれる方法”なんてない」です。

“幸せになれる方法”なんてない

 

Aちゃん
ガーン!!!

 

ショックを受けなくても大丈夫(笑)

 

わたしはピースボートに乗っているとき、

 

 

あー、幸せだなー

こんなに幸せでいいのかなー

幸せすぎてダメになるんじゃないかなー

 

 

ってしょっちゅう思ってた。

 

今回は、「幸せ」について書いてみます。

 

幸せになるってどういうこと?

今までよく「幸せになりたい」なんて言っていたけれど、

そもそも「幸せ」ってどうやったらなれるんだろう。

 

  • 恋人ができる
  • 結婚する
  • 子供ができる
  • 収入がたくさん入る
  • 楽で安定した仕事に就ける

 

こんなことが「幸せになれる方法」だと思ってた。

 

 

 

だけど、それが叶った時、本当に幸せになれるのだろうか?

 

 

  • 恋人との仲が上手くいかない
  • 結婚したけど夫婦仲が良くない
  • 子供ができたけど子育てが大変
  • 収入はたくさんあるけれど・・・
  • いい仕事につけたけれど、なんだか人生が楽しくない

 

 

こんなふうになることだって、十分に考えられる。

 

幸せになれると思いきや、次々と課題が出てきて、なんだかいつまでも、幸せになれない。

 

 

 

 

・・・あれ。

 

 

 

じゃあ幸せって、どうやったらなれるんだろう?

 

 

よくよく考えてみたら「幸せになる」って難しい。

 

幸せはなるものじゃなくて感じるもの

わたしはピースボートの生活で「幸せ」を感じていた時間が、本当にたくさんあった。

 

船でも今でも、よく聴く曲「Slow & Easy」の中で、こんな歌詞がある。

幸せは作るものじゃなくて

気づくことなんだって きっと

なんでもないありふれた朝を 苦しくて眠れない夜も

この先どんなことがあっても

Always 幸せはここにある

聴くたびに、本当にそうだなって思う。

 

とってもいい曲。

 

幸せのカタチっていろいろ

自分にとっての「幸せ」ってなんだろう?

 

 

代表的な幸せじゃないよ。

 

 

今まで幸せっていったら、みんなにうらやまれるような、代表的な幸せを思い浮かべてた。

 

だけど人によって、どんなとき、どんなことに幸せを感じるかは違うんだって気づいた。

 

 

自分にとっての「幸せ」ってどんなカタチだろう?

 

 

人から見たら、それは変なカタチをしているかもしれない。

 

だけど、自分にとってそれが一番いいカタチなら、それでいいんだと思う。

 

自分にとっての「幸せのカタチ」を見つけたいね。

 

この本オススメだよ!

日本人は「幸せのカタチ」を凝り固まって考えすぎなんだと思う。

 

「幸せのカタチ」をこれだって思い込んで、それを目指そうとするから、そこになかなか辿りつくことができなくて、苦しいし、なかなか幸せになれない。

 

もうちょっと、幸せってものを柔軟に捉える必要がある。

 

この本を読んだら、「幸せ」をもっと柔軟に考えられるようになった。

タイトルから断捨離本に間違われがちだけど、ちょっと違う。

 

すごくいい本だから、ぜひ読んで見てね!

 

こんな仕事、需要あると思うよ!

本の中で面白いアイディアだな〜と思ったので紹介したい。

 

最近流行りのシェアハウス。

シングルマザーの集まるシェアハウスがあればいいんじゃないかって、本の中に書かれていた。

 

すごく素敵な案だな〜!

 

お母さんたちは1人子育てに悩みを抱えている人も多いと思うし、これからの時代には需要がありそう。

 

赤ちゃんの一時期しか使わない物もシェアできるし、子供の面倒も複数でみれるし、ママ友もたくさんできるし、なんだかすごく楽しそう!!

 

誰かの仕事のヒントになればいいな〜꒰  *‾ʖ̫‾ ꒱

 

 

本好きのしおりがおすすめする本をもっと読みたいと思った人はこちら

 

幸せ論に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。