YOSAの水素水生成器『Fixhyte』を紹介するよ

しおり
こんにちは。YOSAのことを発信していますしおりです。今回は「YOSAの水素水生成器『Fixhyte』を紹介するよ」です。

YOSAの水素水生成器『Fixhyte』を紹介するよ

YOSAというとエステのイメージがまだまだ強いかもしれませんが、

日常的に使う製品をたくさん取り扱っているのをご存知ですか?

 

中でもおすすめが、水素水生成器として特許を取得しているフィクサイトです。

健康オタクで水素が好きで、情報収集が好きな私が、探しに探した結果、見つけたのがこのフィクサイトでした。

YOSAをやっているからオススメしているのではなく、求めた結果YOSAが一番だったので、自信を持ってオススメしています!

 

ここではフィクサイトのパンフレットを用いつつ、おすすめポイントを紹介します。

①速く作れる!高濃度水素水

私が見てきた限り、他社の製品は水素生成に10分以上かかったり、また水素発生剤を入れたりと手間を要するものが多かったです。

「水を飲みたい!」と思った時に、普通10分も待てませんよね。

毎日の生活に取り入れるのであれば、生成時間は短く、手間のかからないものがおすすめです。

 

水素濃度は1000ppb以上。

もっと高濃度をうたっている製品もありますが、生成直後の数値である場合が多いです。

「水素が溶存出来ているか」「どれくらい体に取り込めるか」なども含めて考えると、1000ppbでもフィクサイトは充分な濃度です✨

 

②ナノバブルで抜けにくい、アルミボトル以外でも持ち運べる

通常の水素は、コップに入れて3時間で約半分の水素が抜けてしまいます。

そのため容器はアルミパウチに保存することが推奨されているのですが、フィクサイトはナノサイズの空気の中に水素を閉じ込めることで、抜けにくい水素を実現しました。

 

それによって24時間経過しても水素を半分保持させることができ、アルミ以外のどんなボトルでも、水素水を持ち運べるようになっています。

③美味しくて飲みやすい!水素イオンじゃない中性のお水

水素を発生させるのに長時間電流を流してしまうと、水のミネラルを壊し、OHをたくさん発生させ、味を損ねてしまいます。

フィクサイトの高速パルス方式は、短時間で水素を作ることで、水のミネラルを守り、OHの発生を防ぎます。

 

また、水素水が中性であることもフィクサイトの特徴です。

水素イオン水などのまがい物ではないので安心!

口当たり良い美味しいお水となっています。

 

④サンゴで不純物を除去、ミネラルウォーター水素水に

フィクサイトの中央には沖縄産の天然サンゴを用いたフィルターを使用していて、

水道水に含まれる塩素などの不純物を濾過し、さらにサンゴのミネラルが水へ溶け出します。

その水をさらに水素水化することで、サンゴのミネラルと水素が結合し、水素が長時間溶存することを可能にしています。

 

現代人に不足しがちなミネラルを補いつつ、水素も補給できる、一石二鳥の製品です。

私はもともとサンゴを使った水素サーバーを利用していたので、この製品を見つけた時は「スゴイ‼️‼️」と興奮しました(笑)

⑤コードレスでスマートな使いやすさ

本体を専用の台において、スイッチをポンと押せば「ピロリンッ」と水素生成開始。

ポット自体はコードレスで軽いので、持ち運びや使い勝手が抜群にいい!というのが実際に使っての感想です。

 

難しいお手入れもなく、使用方法も簡単なので、毎日の生活に馴染んでいます。

色々な使い方で、毎日の生活に水素を取り入れよう

  • 料理に使うと食材の美味しさUP
  • 野菜を洗うと有害な農薬を除去します
  • 洗米・炊飯で美味しく
  • 洗顔で美肌に
  • 植物に使うと一段と元気に!

色々なシーンで活躍できる水素水!

最近は水を購入する人が増えていますが、運送コストや人件費、容器のゴミ問題などを考えると、水道水を活用して美味しいお水を作るほうが地球に優しく、長期的にみればお財布にも優しいです。

 

フィクサイトを活用し、毎日の健康をサポートしながら、地球の健康も守りましょ🎵

 

お値段は20万円、カードリッジは年1回の交換で5千円。ビジネスでお得にすることも可能です✨

 

一家に一台フィクサイト🎵

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

お問い合わせはわたしまで😃

こちらからもどうぞ↓

友だち追加

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。