私には聴こえる〜革命のファンファーレの音が〜

しおり
こんにちは。昨年世界一周して来ましたしおりです。今回は「私には聴こえる〜革命のファンファーレの音が〜」です。

私には聴こえる〜革命のファンファーレの音が〜

 

このタイトルでピンと来た人も多いかな?

 

読んだよ!

 

最近話題のキングコング西野亮廣さんの「革命のファンファーレ」。

 

期待を裏切らない本当に面白い本だった。

 

この本おすすめだよ!

 

私が一番

 

カッコイイ!!!

 

と思った一節を引用してみる。

 

革命のファンファーレ。

それは文明開化の音だ。

この1〜2年、ずっと鳴り響いている。

キミに聴こえるか?

 

か、かっこいい・・・カッコよすぎる・・・

 

 

聞こえてますとも!私にも!(笑)

 

 

 

変革の時代が来た。

 

 

私がこの時代の変化に気付き始めたのは世界一周の帰国後。

 

船で出会った安藤美冬さんに始まり、様々な人が本の中で既に時代の変化を感じ取っていることに気づいた。

 

こんな時代に生きていられることを、本当に嬉しく思います。

引用:「自分メディア」はこう作る!(この記事で紹介

 

ちきりんさんのこの一文が忘れられない。

 

時代が大きく動こうとしている。

 

 

あの時、確かに私の耳元でも、革命のファンファーレが鳴り響いていた。

 

時代の最先端を切り開く「戦略性」×「活発性」

最近人と会うと、その人の特徴をストレングスファインダーの強みに当てはめて分析するようになった。(>>ストレングスファインダーの説明はこちら

 

この本を読んで私が分析した、西野亮廣さんの強みとして特徴的なものは2つ。

 

  • 圧倒的な戦略性(物事の先を読み、起こりうる障害の危険性を正確に予測することができる)
  • 活発性(行動力)

 

 

著者はこの「戦略性」という強みのために、先々に起こることが自然とわかるのだ。

 

おそらく時代の最先端を進む人の多くは、この2つの強みを持っているような気がする。

 

ちなみに他に持っていそうだなと思った強みは「最上志向」と「内省」とかかな。(答えはわからないけど)

 

この本は時代を読むための「情報」として活用する

もしまだファンファーレの音が聴こえないという人はこの本を読んでみるといいと思う。

 

遠くの方でファンファーレが鳴っているのが聞こえてくるかもしれない。

 

私には西野亮廣さんのような戦略性はないけれど、この本の情報を一つの「データ」として生かすことができる。

 

いずれは私も本の出版を考えているので(いつになるやら)、この本で学んだことはぜひ活用したい。

 

 

考えると未来へのワクワクが止まらない。

 

 

 

 

あなたには聴こえる?

 

 

鳴り響くファンファーレの音が。

 

 

関連記事:
🔽自分の強みが知りたい!
🔽ホリエモンの強みを分析してみた

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。