“続かなくてもいい”ならとりあえずやってみよう

しおり
おはようございます。頭の中の8割がブログに侵されてきたしおりです。今回は「“続かなくてもいい”ならとりあえずやってみよう」です。

“続かなくてもいい”ならとりあえずやってみよう

 

Aちゃん
昨日“とりあえず”は使わない方がいいって言ったばっかりやん・・・

 

“とりあえず”批判をしたばかりの私。

昨日の記事を読んだ人から、こんな指摘がありました。

 

「とりあえずやってみる感覚も大事なのでは。やらないよりはマシ。」

確かにその通りだと思う。

 

ポイントは「続けたい」のか「続かなくてもいい」と思っているかという点。

 

続けたいなら本気でやろう

これからブログ(に限らず)やろうと思っている人、もう始めている人で、続けたいと思っているのに“とりあえず”感覚でやっているとしたら、やめたほうがいいと思う。

 

だって続けたいと思ってるなら、とりあえずじゃなくて、本気でやろうって思った方がよくない?

 

とりあえずって言葉、なんか熱がない。

 

せっかくやるなら、熱もっていこ!!

 

“とりあえず”やることも大事。

とりあえずやることが、悪いと言っているわけではないんです。

続かなくてもいいと思っているなら、とりあえずでもどんどんやってみたらいいと思う。

 

もし「私はとりあえずでいいんだけどな」という人は、ブログを始めてみたらいいと思う。

 

 

書きながら日々思うけど、ブログって面白い。

 

ブロガーって世の中にたくさんいるんだね。

意識してみたらネット上にいろんなブロガーがいて、読んでいて楽しい。

 

「毒」を吐き出そう

ブログの何が良いかって、それは自分の「」を吐き出せること。

 

誰でも何かしら自分の中に「」をもっていると思う。

 

でも人に言うことってなかなかできないし、自分の中にそれを閉じ込めてしまうことがほとんど。

 

そして、実はそれが自分にとって、強烈な「猛毒」になってる

 

 

私も吐き出してみるまで気づかなかった。

 

自分の中に秘めていたことが、こんなにも猛毒化していたなんて。

 

 

毒を吐き出した後の自分は、本当に軽くなるんだよね。

 

自分にとっての「毒」は、他人にとっては大した事のないこと

最近、人の「毒」を受け取りました。

受け取ってみて思ったけど、そんなことで悩んでたの?って思うんだよね。

 

これはわたしにとっての「毒」がみんなにとって「え、そんなこと?」とか「あーわかるわかる」って思われるのと一緒なんだと思う。

 

共感されるされないに関わらず、結構どうでもいいと感じるくらいのことが多いんです。

 

わかっててもなかなか吐き出せないのが「毒」なんだけどね。

 

だけど、「毒」を吐き出すならブログは本当に最高の場所。

 

きっと共感してくれる人はネット上に1人はいるだろうし、もし自分の中に「毒」を秘めているなら、続けなくても良いから、ブログをやる価値があると思う。

 

 

そういうわけで、とりあえずブログ、始めてみない?(笑)

 

 

ブログに関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

幸せ論に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。