継続できる人の2つの特徴と、継続するための方法まとめ

しおり
こんにちは!ニートブロガーしおりです。今回は「継続できる人の2つの特徴と、継続するための方法まとめ」です。

継続できる人の2つの特徴と、継続するための方法まとめ

 

ピースボートを下船後、新しいことをたくさん始めました。

新しく始めたことのうち、自分の中で「継続できていること」と「継続できていないこと」があるんですが、

「継続できていること」は、何かしら“継続できている人”の特徴に当てはまっていて、

「継続できていないこと」には、継続できない理由に共通点があることに気づいたんです。

 

継続できる人の特徴①経過を継続的にアウトプットする

継続できる人の特徴の1つは、「経過を継続的にアウトプットしている」ということです。

 

例えば周りで、ダイエットに成功している人を思い浮かべて見てください。

ダイエットしていることを周りに伝え、経過をSNSなどで報告していませんか?

 

始める時に「ダイエットします!」と宣言したり、「今ダイエット中です。」と現状を伝える人は多いですが、経過をアウトプットしている人はあまりいません。

「成果が出たら報告しよう」と考えていて、思ったような結果が出ないと途中で諦めてしまったり、途中で意思が弱くなってやらなくなってしまうのでしょう。

 

つまり、「やります!」と言することも大事ですが、経過をアウトプットすることがそれ以上に大事、ということです。

 

継続できる人の特徴②生活の中に“やる時間”を組み込む

継続できる人の特徴2つ目は、「継続することを生活の中に組み込んでいる」ということです。

好きな時間に、隙間時間に、と思うと続きません。

忙しい現代人は「暇な時間」を簡単に埋めることができてしまいます。

なので、「これをやろう!」と決めたら、生活のルーティンのどこに組み込むかを、しっかり決めることが重要です。

時間が取れないのであれば、まずは「やめること」を決めましょう。

 

継続してできないこと①楽しくないこと

次に継続できないことの特徴をあげていきます。

その1つが、「楽しくないこと」です。

 

例えば運動や仕事は、楽しくなかったりワクワクしないと続きません。

「忍耐が大事」とよく言われますが、我慢して楽しくないことをやる必要はありません。

我慢しなくても、楽しく続けられる方法やワクワクする環境がどこかにあるはずです。

「楽しくない!」と思ったら、楽しくなる別の方法を考えたり、環境を変えてみましょう。

 

継続してできないこと②お金がたくさんかかること

継続できないことの2つ目の特徴が「お金がたくさんかかること」です。

例えば美容に関しては、1〜2ヶ月という短い期間で劇的な効果が得られるものではありません。

継続することによって、やっと少し効果を実感できるようになるものがほとんどです。

「ちょっと背伸びをして、高い化粧品を買ってみる」

途中でお金が惜しくなって、やめてしまったことはありませんか?

 

継続が必要で、お金がたくさんかかるものには初めから手を出さない方が無難です。

自分が継続して続けられる金額の範囲で買うものや始めるものを選びましょう。

 

継続してできないこと③美味しくないものを食べること

3つ目が「美味しくないものを食べること」です。

ダイエットのため、健康のために、あまり美味しくないけど頑張って続けようと思ったことはないですか?

私は健康のために青汁を始めたことは何度もありますが、やめてしまったときの理由はいつも“美味しくなかったから”です。

「まぁ飲める」、「まぁ食べれる」では続きません。

「美味しい」と思えるものを選びましょう。

私は美味しいと思える青汁に出会えたので、今続けて飲むことができています。

 

“継続できること”を見極めて、経過をアウトプットしよう

やってやめて、やってやめて、を繰り返していては、時間がいくらあっても足りません。

現代の情報化社会では、“初めてみたらいいこと”はいくらでもありますが、継続できなければ効果を得られないもの、十分な意味を成さないものも多いです。

継続が必要ないのであればどんどん手を出してみるのもいいですが、継続が求められるものを途中でやめてしまうのは勿体無いですよね。

 

なので、継続しようと思うのであれば、始める前にちょっと意識してみてください!

アウトプットが難しい“人に言いたくないこと”であれば、日記にアウトプットするのもオススメです。

 

継続すると決めたことは継続する!

そんな人になれるように、私もがんばります!

 

継続できる人になるための方法まとめ

継続できる人になるためのポイントまとめ
  • 経過を継続的にアウトプットする
  • 生活の中に“やる時間”を組み込む
  • 楽しくないことはしない、楽しめる方法や環境を探す
  • お金がたくさんかかることはしない。自分の続けれる金額の範囲で始める。
  • 美味しくないものは選ばない。頑張って続けない。

 

関連記事:

🔽やりたいけど時間がない!はウソ

 

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。