逃げないで負けないで

しおり
こんにちは。昨年世界一周してきましたしおりです。今回は「逃げないで負けないで」です。

逃げないで負けないで

 

日本人は問題が起こると、すぐに辞めることで責任を取ろうとする。

 

政治家やお偉い人がちょっと間違った発言をしたくらいで、「それは誰々を否定している」「誰々に対する侮辱だ」って、

メディアも世間も騒ぎ立てる。

 

そして辞表を出して、政治の世界や世間から、逃げるように離れていく。

 

なんのために政治家になったの?

なんのために働いていたの?

 

 

お金はある程度溜まったから、もうそれでいいやって感じ?

 

日本人は人の間違いに過剰に反応しすぎ

誰だって間違ったことを言ってしまうこと、あるよね。

 

腹が立って怒りにまかせて、間違った発言をしてしまうこと、誰にでも一度はあったはず。

 

 

確かになるべく間違いはないようにしたい。

 

 

だけど人間だもの。

 

 

腹が立つことだって、間違えることだってある。

 

 

政治家だったら間違ったこと言っちゃいけないの?

 

お偉い人だったら間違ったことするのは許されないの?

 

 

みんなの前に出る人は、世間の思う正しいことしか、やっちゃいけないの?

 

 

 

果たして本当に、世間が正しいのだろうか?

 

間違ったら謝罪して、また頑張ればいい

間違ったら謝罪して、また頑張ればいい。

 

 

次にまた同じ間違いをしないように、気をつけているならそれでいいと思うんだ。

 

 

もしかしたら、何度か同じ間違いをしてしまうかもしれない。

 

 

でも気をつけているのなら、間違ってましたって言えるのなら、それでいいんじゃないかな。

 

 

 

間違ったことをした人を叩いてどうするの?

 

 

その人が苦しむのを見て、誰が満足するの?

 

 

 

間違いに気づいた時、人は自分で反省する。

 

人に叩かれたりしなくたって、自分の何がいけなかったのか、自分で考える。

 

だから人の間違いを、叩いたりしないで。

 

 

人の間違いを気づかせてあげること。

 

それだけで十分なはずだ。

 

人の意見を批判と捉えないで

間違ったことをしてしまうと、人の意見がすべて批判的に聞こえてくることがある。

 

みんなが自分の敵にまわっているような、そんな気さえしてくる。

 

 

 

だけど大丈夫。

 

 

世間の意見がみんなの意見じゃない。

 

 

私は間違った人を責めたりしない。

 

間違いに気づいた人を応援したい。

 

 

 

もし私が責めるとしたら

 

間違ったくらいで、さっさと逃げていく人

 

 

逃げ腰の人間なんてくそくらえ!

 

 

 

本当にやりたいことなら、間違えたって、何度でも突き進むべきだ。

 

嫌われる勇気に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

夢に関する記事をもっと読みたいと思った人はこちら

 

幸せ論に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。