ちきりんに学ぶ!失業保険制度いらなくない?

しおり
初めまして。先日世界一周してきましたしおりです。今回は「ちきりんに学ぶ!失業保険制度いらなくない?」です

ちきりんに学ぶ!失業保険制度いらなくない?

 

ちきりんに学ぶシリーズ第2弾!(この先続くのかは不明・・・)

第1弾はこちら。(>>ちきりんに学ぶ!お年玉はソッコー使うべき論

 

今回も、ちきりん本で紹介されていたベストエントリの1つを紹介していきます。

 

まずはこちらの記事を読んでね

>>生活保護以外、すべての福祉を廃止したらどう?

 

これ、なるほど〜꒰꒪꒫꒪⌯꒱ってなった。どれも面白いと思ったけど、

今回わたしはこの廃止したい福祉の中で、失業(雇用)保険に注目してみた。

ちきりんさんのアイディアはこちら↓

失業保険なんか廃止して、失業した人は自分の貯金で暮らせばいいじゃん?んで、貯金がなくなったら、その時点で生活保護を貰えばいいんです。

これ、その通りだと思った!

 

なんでこれに注目したかというと、世界一周から帰ってきて、最近失業保険の申請をした私にとって、超タイムリーな話題だったんです。

 

まずは失業保険について簡単に説明

失業保険に関して、簡単に説明すると、自己都合退職の場合、申請から3ヶ月待機の期間があって、待機完了後、わたしの場合は3ヶ月間(勤続年数によって違う)、一日約5900円(前職の所得によって違う)支給されることになる。

給付の間は、4週間ごとに認定日があって、決められた回数以上の就職活動をしていることを、その日に証明する必要がある。

で、もし給付の途中で働き始めたら、条件によっては再就職手当、つまり、お祝い金がでるって感じ。

 

細かい規定は色々あるけど、それは機会があればいつか説明します。

 

失業保険てどれくらいもらえるの?

もし仕事を探し続けて見つからなくても、わたしの場合だと、約53万円もらえちゃう!!(5900円×90日間=53万1000円)

 

すごい額だよね。

 

だからわたしも、失業保険、もらおうと思ってた。

だって、ブロガーとしてやってこうと思いつつも、また働く可能性もゼロじゃない。

正直97%くらい働かない気持ちだけど、3%でも働くつもりがあって就職活動してれば、それはダメっていえないはずです。

 

 

 

・・・これ、ずるいかな?

 

ズルいと思われたとしても、「働くつもりはあるんです」って言って、最後まで就活してれば、お金がもらえるんだよね。

そして、それまでに必要な就職活動の回数はたった9回

つまり、1回あたり5.9万円の価値!!!

 

ちなみに1回あたり、上手にやれば1時間以内に終わる。ってことは、もう時給5.9万円!

ひゃーww

貰えるものはもらおうってなるよね!!

 

 

ちょっとめんどくさくても、頑張って就職活動のフリ、しちゃうわ!(笑)

 

本当に失業保険が必要な人ってどのくらいいるんだろう?

ハローワーク行って思ったんだけど、これ、本当に必要な人、どれくらいいるのかな?って。

 

失業保険があるから、ゆっくり仕事探そうって気になるし、

実際来てる人みてて、これがなくても生きていく分の蓄えがある人が、多いんじゃないだろうか?って思った。

 

本当にお金に困ってるなら、早く働けばいいし、とりあえずの仕事しながら、次の仕事を考えることだってできるよね。

 

そもそも自己都合退職するのって、ある程度の蓄えがある人が多いんじゃないかな。

それに働く気がほぼなくても、「働くかもしれないし」っていっていれば正当化できて、お金ももらえちゃうってことだよね。

 

だから実際、そうやってお金をもらってる人が沢山いる。

 

それにこの制度があることで、審査をする人や手続きをする人、いろんな人手も時間もお金も必要になる。

 

この制度、本当に必要な人、いるのかな?

 

もらう人が悪いんじゃなくて、もらえてしまうの制度が悪い

ここまでで、失業保険をもらう人をずるいと思っただろうか?

 

自分だったらもらわないって、言い切れるかな?

 

必要のない制度だとは思ったけど、私はもらえるものはもらっちゃおうと思った。

 

ゆっくり次のことを考えれる、という意味ではありがたい制度なのかもしれないけれど。

 

日本は不思議な制度がいっぱいあるんだな。

制度って作れば作るほど、複雑で無駄も増えるのかもしれないね。

ちきりんさんに関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。