ちきりんに学ぶ!お年玉はソッコー使うべき論

しおり
初めまして。先日世界一周してきました駆け出しブロガーのしおりです。今回は「ちきりんに学ぶ!お年玉はソッコー使うべき論」です。

ちきりんに学ぶ!お年玉はソッコー使うべき論

 

もうすぐお正月!(今日は2017年12月30日)

ちきりんさんて知ってる?

 

最近ブログの勉強のためにちきりんさんの本を買ったんだけど、この人すごい人なんだね!!知らなかったことにショック・・・。

わたしは本を読んで一瞬でファンになってしまった!!

ちきりんさんをフォローしたいがためにツイッターを始めたと言っても過言ではない。というか、今(執筆時)本当にちきりんさんしかフォローしてない。

 

本の中でブログの記事を紹介してたので、その中でもタイムリーだった「お年玉」の記事について、紹介したいと思う。

 

まずは「ちきりん」って誰?

お得意のウィキペディアで紹介。>>ちきりん(wiki)

一部抜粋↓

ちきりんは日本のブロガー著述家。ブログ「Chikirinの日記」でBLOGOSアワード大賞およびアルファブロガー・アワード受賞。「おちゃらけ社会派」と称している。本名と顔を公表していない。

顔も本名も公表していないのに、ツイッターのフォロワー約24万人(どんどん増えてる)いう超有名人。

 

ブログ界の神ではないかと思う。

 

お年玉はソッコー使うべき論

本の中で紹介していたブログの記事「お年玉」論についてリンクを貼るので読んでみてほしい。

>>全国の子供たちに告ぐ:お年玉はソッコーで使うべき!

 

この記事の中でわたしが特に注目したのはここ。

親が我が子に「お年玉はちゃんと貯金しておきなさい」などという必要は全くありません。だってそれって、「あなたにとって、そのお金の価値が今より軽くなることはママは無いと思う。だってあなたはそんな額を、簡単に稼げるようにはならないから。だからそのお金は使わずに、大事にとっておきなさい。」って言っているのと同じですよ。そんなこと本当に言うべき??

ヒェーww

言われてみるまで気づかなかった。

 

その通りだと思う!

 

なんか当たり前のようにやってたけど、よく考えてみたら「なんで貯金しなきゃいけないの?」って思う。

 

さかなクンが小学生のとき1万円もらったしたら

想像してみてほしい。

さかなクンが小学生だった頃、お年玉を1万円もらって、好きなものを買ってきなさいって言われたら。

何を買っただろう?

 

多分、魚の図鑑じゃないかな?

もしここで貯金させられちゃったら、さかなクンは今のさかなクンにはなれなかったと思う。

 

つまり、“貯金”は、その子の興味・関心への道を、閉ざすことになるかもしれないってこと。

 

貯金しなきゃいいわけじゃない。買い物に連れて行こう。

じゃあお年玉を貯金せず、子供に渡しておけばOK、というわけじゃない。

 

その子が、“今後”のことを考えられるしっかりした子なら、自ら貯金してしまうかもしれない。

でも、それじゃあ意味がないよね。

「何に使うか」を考えさせて、使う機会を大人がしっかり与えてあげるべき

何がほしいかわからないなら、おもちゃ屋さんや本屋さんに連れて行こう。

 

 

ちきりん本を読もう

こんな風に考えさせてくれるちきりんさんの本、本当におすすめだからみんなに読んでほしい。

ブログに興味がない人でも読む価値があると思うし、私はこれからどんどん“ブログの時代”が来ると思ってる。

 

だから、みんな読むべし!

 

更新状況発信してるよ↓







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。