ちきりんに学ぶ!就活市場が悲惨すぎる

しおり
こんにちは。昨年世界一周してきましたしおりです。今回はシリーズ第3弾「ちきりんに学ぶ!就活市場が悲惨すぎる」です。

ちきりんに学ぶ!就活市場が悲惨すぎる

 

シリーズ化しつつあるちきりんさんの記事についての投稿。

面白いからついついとりあげてしまう。

 

これから就活を控えている人や、就活中の人は、お疲れ様です。

私は看護師だから、就活したことないけど(面接1回で終了)

想像しただけでも大変そうだよね・・・。

今回は、就活についてのちきりんさんの記事から考えたこと!

>>就活市場を一発で適正化できるミラクル解消法

 

この案すごいと思った。

 

こんな素敵な案が2012年からあるのに5年経っても変わってないなんて、世の中どうかしてるんじゃないか・・・。

 

今日は就活について書いてみようと思う。

大学受験と同じように、就活生も企業に応募検定料を払えばいい

理由を一部抜粋↓

就活市場ではどんな人気企業も応募するのはタダです。パソコンの画面から早打ちクリック連打が必要にはなるけれど、お金は1円もかかりません。

IT化の恩恵により応募作業が容易になればなるほど、一人当たり応募社数が増えていきます。そしてそのことにより、落とされる人の数も増えているのです。

つまり、今みんながこんなに就活で落とされるのは、単に「みんなたくさん受けすぎだから!」なのです。

もしも大学受験で入学検定料が廃止になったら、「慶應は受けときたいな。かっこいいし」みたいな高校生が激増し、人気大学にはものすごい額のコスト負担が降りかかります。そして高校生側には、「20校落ちた」「30校受けたのにどこも通らなかった」みたいな人が現れるのです。

た、たしかに!!!

 

ちきりん案を採用すればこんなふうになる↓

  • 学生側は受ける企業を厳選し、有名企業だけでなく、自分が受かりそうな、活躍できそうな企業を探そうとする。
  • 企業側は希望者の数に応じて説明会をすればいいから、応募した人全員が参加できる会場を用意すればいい。
  • 応募者がコストを払ってくれるなら、企業側はできるだけ優秀な応募者を獲得するため、自ら地方まで出かけていく(かもしれない)。そうすれば地方の大学生の就活の交通費と移動時間の削減になる。
  • 学歴不問採用が可能になる。

おお〜。

素敵!

 

就活の面接でその人のこと、どのくらいわかるんだろう?

これ、いつも思うことなんだけど、面接だけで、その人の良さってわかるんだろうか。

面接がうまい人は、上手にアピールできる人なのかもしれないけれど。

 

面接官って、短時間の面接で人を判断しなきゃいけなくて、大変だなって思う。

 

そして、どこまでその人の本質見れるんだろう?

 

 

多分、わたしだったら、雰囲気や直感で判断しちゃうんだろうな。

 

企業側も、“とりあえず応募”した人の中から選ぶより、検定料払ってもいいと思えるくらい、“興味あるんです!”って人の中から選んだ方が絶対いいのに、今の方法ではその見極めをつけるのが難しい。

 

“とりあえず応募”した企業を受ける就活生のやる気・・・

あまり興味はないけど、本の少しでも関心のある分野なら、条件のいい会社なら、と思って応募した企業を受けた時の面接へのやる気・・・。

 

想像しただけでやる気出ない!!

 

 

しかも落とされたら自己否定された感じで気分も落ちる。

 

 

・・・いいことないね(笑)

 

内定もらった企業がブラックだったら・・・

頑張って頑張って、やっともらえた内定が、入社してみたら、超ブラック企業

 

 

 

・・・だったらどうする?

 

 

もう就活はごめんだし。

新卒ブランドもなくなったし。

 

辛い・・・けど辛抱してやるしかない・・・

 

 

ってなりそうな気がする。

でも結局、辛抱しても心と身体が持たなくなって、辞めてしまう。

 

あの苦しい就活はいったいなんだろう。

 

って思う。

 

 

・・・こわっ!!

 

ちきりん案採用してくれたらいいのにね。

 

働き方に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

ちきりんさんに関する記事をもっと読みたい人はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。