死を意識して今を生きるためのおすすめ本3選!

しおり
あけましておめでとうございます。昨年末に世界一周から帰って来ましたしおりです。今回は「死を意識して今を生きるためのおすすめ本3選!」です。

死を意識して今を生きるためのおすすめ本3選!

 

タイトルのゆえんはこの記事をチェック!!(>>行動力を鍛える最強

いい本ばっかりだよ。

 

是非読んで見てほしい。

あした死ぬかもよ?

この本すごくいいと思う。わたしはすごく好き。

まさに“死ぬ”ことを体験できる1冊。

“死”について、あまり考えたことがないなら、この本を読んでみることをオススメする。

 

死ぬ時のこと、ほんとに1度は、ちゃんと考えてみて欲しい。

 

聖の青春

これは実在した人の話で、幼い頃からネフローゼ症候群を患って、まさに“死”を常に意識して生きていた人の1人。

 

幼い頃から“死”と向き合ってきた人、と言われて想像できる人がいないなら、この本を読んでみるといいと思う。

生き様がかっこいい。そして生きることを考えさせられる、胸に刺さる本だった。

 

本が苦手な人は映画にもなってるみたいだから、映画を見てみるのもいいと思う。

 

君の膵臓を食べたい

この本もすごく有名。めちゃくちゃ泣ける。

そして、とにかく、きゅんきゅんさせられる!

きゅんきゅんしたい人にもオススメの1冊。

 

これも映画化されている。

わたしは映画より本の方が好きだけど、その辺はお好みで。

 

本好きのしおりがおすすめする本をもっと読みたいと思った人はこちら

 

幸せ論に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。