行動力を鍛える最強の方法

しおり
初めまして。先日世界一周してきましたしおりです。今回は「行動力を鍛える最強の方法」です

行動力を鍛える最強の方法

 

わたしは自分で自分のことを「すごい」と思ったことはないけど、確かに行動力に関しては「すごいね」と言われることがある。

確かにやりたいと思ったことは、なるべくすぐにやるようにしている。

今回は私の行動力の秘密について、書きたいと思います。

 

“死”を意識すること

わたしは常にこれを考えるようにしている。

人間はいつ死ぬかわからない。

 

明日死ぬことだって、ありえることなんだよね。

 

不慮の事故かもしれない。

病気になって突然死するかもしれない。

明日死ななかったとしても、1年後死ぬかもしれない。

余命は5年ですって宣告されるかもしれない。

 

 

そしたらどうする?

 

 

今の自分の過ごし方、それでいいの?って、思わない?

 

 

“死”を意識している人間は強い

幼い頃から病にかかっている人を想像してみるといいと思う。

 

彼らは常に、“死”を意識しているから、強い。本当に強い。

1分だって1秒だって、後悔するような時間を過ごしている暇はない。

 

せっかく健康に生きていることができるのに、無駄な時間を過ごしたり、ただ我慢して過ごしているのって、そういう人たちに失礼だと思う。

幸せに生きる時間を与えられているのに、なんとなく生きているくらいなら、その時間、生きられない人にあげちゃえばいいんだ。

 

でも、そんなことできないから。

 

だから自分に与えられた時間を精一杯生きる。

 

それが、生きている人全員に課せられている、人生最大の課題。

 

やりたいことはすぐにやろう

自分の生き方を見直すきっかけにして欲しい。

一瞬でも「これでいいの?」って思ったことがあるのなら、その心の声に気づいてあげて欲しい。

 

変化を怖がっている暇なんてない。

不安でできないなんて言っている暇はない。

 

「やらなくて後悔するよりやって後悔」っていうよね。

 

まぁ、わたしはやっても、後悔したりしないけどね。

 

迷ったらいつも“死”を考えよう

迷ったらいつも近くに“死”を想定してみよう。

 

明日死ぬとしたら、その決断でいい?

1年後死ぬとしたら、今その判断で後悔しない?

10年後死ぬとしたら、それでもあなたは、今それをするだろうか?

 

 

“死”を考えると、“今”を生きられるようになる。

 

今は今しかないんだから。

 

遠い将来を見てばっかりじゃいけないよ。

 

合わせて読みたい

 

幸せ論に関する記事をもっと読みたい人はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。